高品質・高強度へのこだわり

材を活かし、愛着に応える。進化し続ける「くらしのひのき産業」の職人魂。檜風呂とはどうあるべきなのか。見えない部分にまでこだわって考えなければ、良い檜風呂は生まれません。常に使用されるお客様の目線に立ち心地良さや感動を一つ一つの浴槽に投影しながら形にします。

檜材を知りつくした職人の飽くなきこだわり

創業以来、様々な木材を手がけた経験を経て、現在、主材として選んだ天然飛騨檜。北部地域の厳しい冬の環境に育てられた飛騨檜は、一年で育つ年輪の幅がとても狭く、製材後には非常に目の詰まった高耐久性の製材品になります。当社では、割れ、曲がり、反りに強い中心部付近の柾目を切り出し、長年に渡るノウハウと蓄積してきた加工技術により、高品質な浴槽を正確に、丁寧に製作しています。
 
 

一つ一つの浴槽に職人の思いを込める

檜風呂は特別なものではなく、毎日使用することに価値があります。だからこそ、安心して使える素材と確かな技術にこだわるべきであると考えています。当社は創業より、正直な素材と正確な技術で安心・安全性を高め、生涯を通じて愛着を持って使用していただける浴槽づくりを目指してまいりました。求められるニーズや多様化するライフスタイルにも柔軟にお応えしながら豊かな暮らしをお届けしていきます。 

  

檜風呂は高級品。だから手を抜かない

安価な浴槽の多くが海外で製造されるなか、当社では加工から仕上げまでを自社工場内で一貫生産しています。それは、厳しい品質管理と徹底した技術管理のもとで、品質の高い浴槽をお客様にお届けするためです。当社の浴槽に添付される品質保証書は、安心と信頼の証であると同時に一つ一つの浴槽にこだわり抜いた当社の自信の表れでもあります。